処女膜再生で自信を取り戻そう|安全な手術方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

三つの手術方法

ウーマン

女性の体には、処女膜と呼ばれる部位があります。膣口の内側にあるひだのことですが、特に膣口全体を塞いでいるわけではありません。この処女膜には小指ほどの大きさがある穴が開いていて、通常はそこから生理の際の出血が流れ出たり、おりものなどの分泌液が排出されます。処女膜は障子に貼られている紙程の厚さがあり、軽いスポーツをしたり、生理用品を使ったとしても裂けることはありません。しかし、稀に激しい動作や衝撃によって裂ける場合があるため、運動をしている人は注意が必要です。また、処女膜は激しい動作の他に性行為によっても裂けることがあります。しかし、望まない性行為や予想だにしない理由で処女膜が破れてしまった場合、再び取り戻す方法があります。

一度裂けてしまった処女膜を取り戻す方法は、処女膜再生手術です。その名の通り外科手術によって処女膜再生を行なうのですが、主な治療法は三つです。一つがプチ処女膜再生手術、二つ目が縫合手術、そして三つめがレーザー手術です。一つ目のプチ処女膜再生手術は、裂けた処女膜の一部を縫い合わせることによって一時的に処女膜を再生させるため、手術時の負担は非常に少ないです。しかし、効果は薄く、術後1週間以内に性交渉をしないと意味がありません。また、縫合手術は体に吸収されるタイプの糸を使って処女膜再生を行ない、元の処女膜に近い形に整えていきます。通常局所麻酔をするので、術中の痛みはありません。そしてレーザー手術は非常に効果の高い治療法で、縫合手術よりは体への負担が少なくなります。